2019/10/20

アフタヌーンティ@マンダリンオリエンタル東京

ブログでアップしようと思いつつ
すっかりご紹介し損ねていた
マンダリンオリエンタル東京にあるオリエンタルラウンジの
アフタヌーンティをご紹介したいと思います。

今回は宿泊と合わせて、久しぶりの訪問ということで
しばらくご無沙汰している間に
食器類もリニューアルされているようでしたので
訪問をとても楽しみにしていました。


金曜日の午後早い時間帯にも関わらず、
ラウンジはすでに満員御礼状態でしたが
座席は北向きの一段高い場所にある
眺めのいい窓側に用意されていました。

38階の最上階ということで
隣に新しく建てられたビルよりも頭ひとつ背が高く
雨上がりの天候ではありましたが
遠くまで景色を見渡すことができました。


アフタヌーンティは季節ごとに
使用される旬の食材が入れ替わるものの
基本的に1種類となっていて
シャンパンの有無によって値段が変わります。

この時は夏仕様のメニューでしたが
スイーツに使用する果物はもちろんのこと
スコーンに添えられるジャムも季節によって変わり、
今回はマンゴーとチェリーのジャムでした。


以前はいかにもシノワズリーな
円形の飾り棚にスイーツが盛り付けられているスタイルでしたが
現在は正統派の三段式トレイに変更されていて
見た目のオリジナリティーは少し薄れてしまいました。

とはいえ、提供されるセイボリーやスイーツは
趣向を凝らしたメニューばかりで、見た目も夏らしく涼し気。
焼き立てで提供される2種類のスコーンは
サイズこそ小ぶりですが、おかわり自由となっています。


また、紅茶は一杯ずつ提供され、
途中で茶葉の変更も自由に出来るので
豊富なメニュー(紅茶以外も用意)の中から
色んな味を楽しめるのが最大の特徴となっています!
(今回は5杯ほどいただきました・・・笑)

シノワズリーで非日常的な空間の中、
ゆったりとしたソファに腰かけて
時間を忘れてお茶を楽しむひとときを
ぜひ皆さんも味わってみてはいかがでしょうか?