2020/02/24

南米の旅(チリ・サンティアゴ編)

遅くなってしまいましたが
年末年始に訪れた南米3ヶ国について
旅の記録をまとめておこうと思いますので
よろしければお付き合いください。

まず最初に訪れたのはチリ。
今回利用したエアカナダが、ブエノスアイレスへ行く途中
チリのサンティアゴを経由するということで
せっかくなら立ち寄っておきたいと思い、1泊してきました。


ホテル選びについては、
僕の好きなマンダリンオリエンタルも候補ではあったのですが、
少々立地が不便な(地下鉄駅から遠い)こともあり
より街の中心に近いリッツカールトンにお世話になりました。

空港に着いて感心したのが入国審査のとき。
係員の人が指示を出して、空いてるブースへ誘導することはありますが
こちらでは液晶画面に表示された番号のブースへ進む仕組みで
言葉の心配もいらない、便利なシステムでした。


空港からホテルまでは乗合のミニバスを利用しましたが、
セキュリティエリアを出る手前にある2社のうち
左側にあったDelfos社のカウンターで話を聞くと
ミニバスなら隣のTRANCEVIP社で申し込んで、とのこと。

ホテルのあるラスコンデス地区までは9,000ペソ(約1,300円)。
言われた番号のゲートを出ると、目の前にはミニバンがずらりと並んでいて、
車内で他の乗客を10分ほど待ちましたが、満席の状態で出発し
途中、他のゲストを下ろしながら40分ほどでホテルに到着しました。


ちょうどお昼時だったこともあり
部屋に荷物を置いた後は
クラブラウンジでランチをいただき、
その足でサンティアゴの街を観光することに。

とはいっても、サンティアゴはデモの影響があって
地下鉄駅が使えない場所もあるらしく、
市街地を見下ろすサンクリストバルの丘へ向かうために
僕が見つけた移動手段は何とロープウェイでした。


新市街側にある駅までは、
南米一の高さを誇るスカイコスタネラから徒歩10分程度。
ホテルからは20分ほど歩きますが、
意外と歩いている人がいるので、迷わず辿り着けました。

チケットの窓口で、ラウンドトリップが通じず
指で地図を往復させることで何とかチケットを購入(笑)。
結構、地元の人には人気が高いようで
乗り場には行列が出来ていました。


いざゴンドラに乗り込むと、一気に高度を上げて進んでいき、
振り返ると一際高く聳え立つスカイコスタネラと
その背後にアンデス山脈が広がり
約10分間の空中散歩を楽しむことが出来ます。

山上の駅に着いた後は、道なりに歩いていき
道が二手に分かれるところで、
右手の急な坂道の方を登っていくと
丘の頂上に大きなマリア像が見えてきます。


このとき、偶然にも太陽の周りに虹がかかっていることに気づき
急いでマリア像の真下まで行ってみると、
まさに後光が差しているかのような神々しい雰囲気。
この旅の無事をお祈りしてきました。

サンクリストバルの丘からは
旧市街へ向かうケーブルカーもあるのですが、
旧市街から地下鉄に乗るのが怖かったこともあり
ロープウェイで再び新市街へ戻ることに。


来た時に通り過ぎたスカイコスタネラを目指して
ビルの袂にある巨大なショッピングセンターへ。
この日は日曜日で、通常はどのお店も休業しているのですが
ここだけは普通に営業しているせいか、ものすごく賑わっていました。

その反面、最上階の展望台へ向かう人はとても少なく
カウンターにも先客が2組いるだけ。
エレベーターを待っている間にそれなりに人が集まりましたが
展望台は空いていて、ある意味とても快適でした。


2層の展望台のうち、最上階の60階はオープンエアになっていて
東西南北どの方向にも景色が開けていて壮観です。
帰りはショッピングセンターの最上階部分で降ろされるので
そのままお茶や買い物を楽しんでもいいかもしれません(特に日曜日は)。

ホテルまでの帰り道は人通りも少なく
開いているお店もなくとても静かでしたが、
新市街は道路も広く、視界が開けているのもあり
怖いな・・・と感じることはありませんでした。


流石に飛行機に20時間以上乗っていた疲れもあり
この後はホテルでのんびり過ごしましたが
こういうとき、何も考えずに食事をいただける
クラブラウンジの何とありがたいこと・・・。

今回、旧市街へ行くことが出来なかったのは残念でしたが、
周りを高い山で囲まれた場所に高層ビルが立ち並ぶという
日本にはないフォトジェニックな風景も楽しめ
サンティアゴへ立ち寄っておいて良かったな・・・と感じる滞在でした。