2020/10/25

朝食@ハイアットセントリック金沢

10月上旬、近づく台風から逃れるように

福井と金沢を巡る旅に出かけてきました。

旅のお目当てのひとつは金沢に初進出した

ハイアットセントリック金沢に滞在すること。


金沢駅に到着して、西口に向かい

スターバックスの脇からロータリーに出ると

目の前に聳える2つのビルが飛び込んでくるので

ホテルまで迷わず辿り着くことが出来ます。



複合施設のクロスゲート金沢に入居しているため

1・2階には多くの飲食店や物販店が軒を連ねていますが

ホテルにはしっかりとした車寄せとエントランスが用意されていて

金色に輝く松のオブジェがゲストを出迎えてくれます。


ロビーやオールデイダイニングのファイブは3階にあり

一面がガラス窓になっているので明るく開放的で

ラウンジエリアの奥にあるダイニングエリアは

クロスゲート金沢の屋上庭園に面しています。



ファイブという店名には石川を代表する伝統工芸、

加賀友禅の「加賀五彩」や九谷焼の「九谷五彩」に用いられる

5という数字へのインスピレーションと

館内の5つの空間という意味が込められているそう。


ダイニングエリアも庭園にせり出したガラス張りのエリア、

オープンキッチンを備えたボックス席のあるエリア、

ゆったりと落ち着いた雰囲気のラウンジエリアなど

それぞれ絵になる空間が広がっています。



朝6時30分の営業開始に合わせて訪問すると

壁面のアートパネルが鮮やかなエリアの座席へ。

朝食はブッフェスタイルで提供されていて

主に中央のカウンターに料理が並べられています。


温かい料理は鍋に入った状態でオープンキッチンに、

冷菜やフルーツは中央のカウンターに、と分けられていますが

ジュースやヨーグルトは隣接する空間に用意されていて

スタッフの方に尋ねないとわからないことも。



料理は洋食のメニューはもちろんですが、

和食のメニューが揃っている印象でした。

個人的にはパンが好きなので、

もう少し種類が多いと嬉しいかな、というのが率直な感想です。


スタッフの方は若くてフレッシュな方が多いだけに

まだ手慣れていない部分も見受けられますが

設備やロケーションはとてもいいので

これから徐々に向上していくことに期待したいと思います。