2018/09/23

スリランカの旅(ゴール編)

今年の夏休みは世界遺産と癒しを求めて
インドの南東に浮かぶ
まるでティアドロップの形のような島国
スリランカを旅してきました。

日本からは直行便も飛んでいますが
短い休暇を有効に活かすため
深夜便でシンガポールに移動した後、
朝、コロンボへ向かうスリランカ航空を利用しました。

これまでビジネスクラスを利用したことはありますが
全て特典航空券かアップグレード。
今回は料金が手頃だったこともあって、
初めて自腹でのビジネスクラスでした。


インド洋を越えて3時間50分、
コロンボのバンダラナイケ空港に無事着陸し、
入国審査官を選び放題のイミグレーションを抜けると
あっさり到着ゲートへ辿り着いてしまいました。

ここからゴールにあるアマンガラへ移動するため
事前に車を手配していただいていたのですが、
あまりに早く出てきたせいか
お迎えのスタッフさんがいなくて焦る場面も。


その後、無事にスタッフさんと合流し
専用の送迎車に乗り込むこと2時間、
インド洋にせり出すように造られた
ゴール旧市街にあるアマンガラに到着しました。

リゾートの中をバトラーさんに案内していただき
自室で荷物をほどいた後は
アフタヌーンティを楽しみながら
早速、癒しの時間を堪能。


少し日差しが和らいできたところで
いよいよ世界遺産の街歩き。
岬全体をぐるりと要塞で囲まれた街は
何ともノスタルジックな空気に満たされています。

その立地上、重要な貿易拠点として
ポルトガル、オランダ、イギリスに統治され
スリランカの文化と西洋の文化が混ざり合った
独特な景観が今も残っているからかもしれません。


アマンガラの面した通りはチャーチストリートと呼ばれ、
すぐ隣にはオランダ教会、
その先にはイギリス系の諸聖人教会と
その名のとおり、壮麗な教会が立ち並んでいます。

もちろんここはスリランカなので
白亜の仏塔を持つ仏教寺院もありますし、
ゴールにはムスリムが多く住んでいるらしく
立派なモスクも共存しています。


この要塞の中へ入るには2つの門があって
大きなロータリーを備えたメインゲートと
その脇道を進んだ先、東インド会社の紋章を掲げた
ひっそりとしたオールドゲートがあります。

オールドゲートを抜けると大きな広場があり、
今はショッピングモールとして再生した
オランダ軍人病院の建物の裏手に出ると
インド洋を一望する灯台が現れます。


灯台の足元には小さいながらも
林の中に隠れるように美しいビーチが広がり
地元の人が水遊びを楽しんでいる
微笑ましい風景も。

要塞は直線状に伸びていて
その要所要所に砲台を据えた砦が築かれ
そこからまた角度を変えて
最終的に一周できるようになっています。


要塞の中にある街は基本的に碁盤の目状ですが
起伏に合わせて坂道があったり
クランク上の路地もあったりと
迷路に迷い込んだような造り。

通りにはカフェやレストラン、
スリランカらしく宝石を扱う商店や
雑貨店、ギャラリーが軒を連ねていますが
地元の人向けのお店はあまりないような印象でした。


ゴールの街で一番驚いたのは翌朝。
アマンガラで朝食を食べようと
7時頃にダイニングへ向かうと
街が喧騒に包まれているではないですか。

実は、アマンガラの近くに小学校があって、
そこに通う生徒さんたちの通学ラッシュで
ひっきりなしにスクールバスや自家用車が横付けされて
代わる代わる子どもたちを下ろしていくのです。


スリランカの学校は7時半始業で
7時すぎはちょうど混み合う時間のよう。
みんなお揃いの白い制服に身を包み
続々と学校へ足早に向かう姿は壮観です。

とはいえ、その時間以外は車も少なく
静かでゆったりとした時間が流れていて、
トゥクトゥクの運転手さん以外は
観光客相手にガツガツしてるような感じもありません。

セピア色の写真そのままのような
様々な文化が融合して生み出された街並みを
まるでタイムスリップしたかのように
マイペースで巡ることが出来る素敵な場所でした。

2018/09/16

朝食@パークハイアット東京

先日更新しましたパークハイアット東京の
ホテルレポートに続いて、
意外なことにこのブログでは初めてとなる
朝食についてご紹介させていただきます。

パークハイアット東京での朝食は
レセプションへ向かうロビー階の長い廊下の途中、
ポートレートの飾られた高い天井が目を引く
ジランドールでいただくことが出来ます。


朝6時30分の営業開始と同時に伺うと
中央のホールを抜けた一段高い場所、
新宿の高層ビル群が視界に広がる
東向きの窓側の席へ通していただきました。

他にも個室としても使える
ガラスで仕切られたスペースもあったり
プライベートな空間が確保できるボックス席もあるので
好みに合わせて選ぶことが出来ます。


朝食のメニューは別途卵料理が追加できる
通常のフルブレックファストに
和食と健康志向の2種類のセットメニューと
アラカルトが用意されています。

中央のホールと窓側の席との間に
設置されたテーブルの上には
なかなか見かけないパッションフルーツや
鉄鍋で提供されるホットミールが並んでいました。


かくいう自分はランチの時間に
アフタヌーンティが控えていることと
卵料理が食べられないので
アラカルトメニューからフレンチトーストをいただきました。

色んな場所でフレンチトーストを食べていますが
ジランドールのものは厚みのあるパンが使われ、
周りにまとった卵の味が少し強めで(個人的にはそれが辛かったのですが・・・)
中までしっかり味の染みたフワフワの食感が楽しめます。


また付け添えにメープルシロップと
バニラの効いたホイップクリーム、
ブルーベリーのコンポートが付いてくるので
好みの味にアレンジできるのも嬉しいところ。

この日は生憎の曇天模様でしたが、
41階から新宿の街を見下ろしていただく朝食は格別。
優雅な雰囲気の外国人ゲストに紛れて
非日常空間を存分に楽しめること請け合いです。

2018/09/02

ポルトガルの旅(シントラ編)

リスボンで2泊する間に
一度は行きたいと思っていた世界遺産、シントラの街と
ユーラシア大陸最西端のロカ岬を目指して
日帰りのショートトリップを楽しんできました。


出発はリスボン到着日にロッカーが満杯だったロシオ駅。
ここで電車の往復チケットとシントラ市内のバスや
ロカ岬へのバスが乗り降り自由となる
シントラ周遊パス(Bihete Train & Bus)を購入します。

ロカ岬へ向かうバスはシントラとカスカイスの
2つの街を結ぶ路線の途中にあるため
シントラへ戻らなくても、カスカイスからリスボンへ帰れるので
効率よく観光できるのがポイント。



ロシオ駅からシントラ駅までは電車に揺られること40分ほど。
終着駅のシントラは駅舎も小ぢんまりとしていてローカルな雰囲気。
駅舎を出て右側に進んだ場所にあるバス停から
シントラの見どころを結ぶ434番のバスに乗ります。

駅より先はアップダウンの続く山道を
右へ左へカーブしながら進んでいくので結構ハード。
最初にムーアの城跡に立ち寄りますが、
自分はパスして次のペーナ宮殿へ。


この日は土曜日で天気も快晴だったので
開場前にも関わらず、ペーナ宮殿のチケット売り場にはすでに行列が。
15分ほど並んで、チケットを入手した後は
宮殿へ向かって長い坂道をひたすら登っていきます(有料バスあり)。

イスラム建築の美しいゲートを抜けて、
優美なトンネル状のアプローチを進んでいくと
目の前にはビビットカラーに彩られた
物語に出てきそうな壮麗な宮殿が目の前に。


宮殿自体がすでに山上に建っているので
入口に立った時点で眺めは抜群です。
付近には見張り台のような小さな塔があって、
誰でも自由に登れるので、格好の撮影スポットになっています。

迷路のような宮殿の中を進んでいくと
その途中で見晴らしのいいテラスに辿り着くのですが、
こちらは何も視界を遮るものはなく
シントラの街だけでなく、大西洋まで望むことができます。


存分にペーナ宮殿を楽しんだ後は
再びバス停まで戻って、次の目的地レガレイラ宮殿へ。
ひとまずセントロのバス停で降りて、
そこからは整備された道路を歩いて15分ほど。

こちらは宮殿そのものよりも
周りに築かれた様々なアトラクションが見どころで
まるで異世界へと伸びるようなイニシエーションの井戸と
その下へ続く螺旋階段が代名詞的な存在となっています。



本当に照明設備がないので、手持ちの灯りがないと
どこへ進んでいいのかわからないほど。
手探りで水の音が聞こえる方へ進んでいくと
やがて森の中に流れ落ちる滝の裏側に辿り着きます。

滝の表側に行くためには
少々スリリングな飛び石があったり、
斜めに伸びる橋が架けられていたりして
非日常的な空間を楽しめる仕掛けも満載。



宮殿の広い敷地内には
美しいステンドグラスが印象的なチャペルも備え、
独創的な外観の宮殿を囲む庭園に咲く
色鮮やかな花々も印象的でした。

レガレイラ宮殿を後にして、
セントロのバス停から一旦シントラ駅へ戻り、
駅の近くにある可愛らしい雰囲気のカフェサウダーデで
サンドイッチと地元の名物スイーツ、ケイジャーダのランチ。


ランチでお腹を満たした後は、駅舎の西側にあるバス停から
403番のバスに乗って、いよいよロカ岬を目指します。
こちらのバスは30分間隔で運行しているので、
次のバスを待つ間にロカ岬の観光が楽しめます。

バスが幹線道路を離れて、坂道を下り始めると
目の前にはエメラルドグリーンの大西洋と
赤い屋根の灯台が見えて来ます。
ここがヨーロッパ最果ての地、ロカ岬です。


ロカ岬の灯台の周りは緑が生い茂り
エメラルドグリーンとのコントラストも絶妙。
柵の中に入ってはいけないと書かれているのですが、
草原の中を歩いている人の姿も・・・。

一見、なだらかな丘のように見えますが
横から見てみると、草原の先は断崖絶壁。
陸地が途絶え、目の前に広がるのは果てしない海・・・。
まさに世界の果てを体感することが出来ます。


岬の突端にある十字架を高く掲げた標柱で
記念撮影をするのはどこの国も一緒のようで、
この日も沢山の観光客が来ていましたが、
タイミングを計って無事に撮影。

ちなみに、ロカ岬の観光案内所では、
ユーラシア大陸の最西端到達証明書を発行しています。
10ユーロしますが、独特な字体で名前を書いてくれるので、
思いの外、いい記念になりました。


ロカ岬からはシントラを30分後に出発した
後続のバスに乗って、カスカイスへ。
シントラからは40分くらいかかりましたが
カスカイスへは30分ほどの道程でした。

リスボンのカイス・ド・ソドレ駅と
カスカイス駅を結ぶ丸みを帯びた可愛らしい電車は
大西洋とテージョ川に沿って快調に進み、
最終的には満員状態でリスボンへ到着。


朝8時すぎに出発して、15時半には戻って来れる
シントラ周遊のショートトリップ。
世界遺産と大陸最西端が電車とバスで気軽に楽しめるので
リスボンへ行かれる際は、ぜひ足を運んでみてください!